2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅仕事2015♪

r


6月は梅雨のシーズン、 「梅」の季節でもあります。
小田原には大きな梅林があり、
ここで作られる梅はとても素晴らしい梅なのです。



我が家では梅シロップと梅干し作りが恒例の梅仕事♪
この季節、ひと手間かける手仕事をして「日本のおいしさ」を実感したいもの。

面倒な道具なしで簡単に漬けられるジップロック袋漬けを紹介します。
ぜひこの楽しさ、美味しさを味わってほしいです~♪





r 

小田原産梅 品種は「十郎」美しく黄熟した梅でしょう~♪
購入してから1~3日追熟させて この色になったら漬け頃。

やさ~しく洗ったあと、水に30分ほどつけてアク抜きをします。





r 

水からあげたばかりの梅の実たち。
ヘタを取ったら、ペーパータオルで水気をていねいにとります。





r 

全体の重さを量ってから保存袋に入れ
あれば 梅酒に使うホワイトリカーを 大匙1 ふりかけます。
(殺菌と塩に馴染みやすくするため、なくても大丈夫。)






r 

粗塩は 重さの18%。昔ながらの塩加減が失敗なしの塩梅です♪





やさしく、やさ~しく梅と粗塩をなじませて。。。

r  


 

丈夫なビニール袋を敷いた 箱に入れて保存。
(1袋に約1キロがちょうどよい)
ジップロックでしっかり閉めても 
梅酢がもれることもあるので 忘れずに袋を敷きましょう。
r


重石がなくても大丈夫。
3日ほどすると 梅から水分(梅酢)がでてきます♪





r 


1週間ほどで全体が浸るほどの梅酢ができますので
空気を抜いて、梅の頭がでないようにすれば 
梅雨明けまでカビに悩むことなく 梅を漬けることができます。



真っ赤な梅干しにするときは赤紫蘇を合わせて、
そのままでも 梅の美しい色がでてきれいですよ~。

梅雨が明けたら、3昼夜天日に干して出来上がり!




r 

これは昨年干し終わって 保存容器に漬けた梅干したち。
この時、数粒の氷砂糖を加えて漬け込むと とがった塩味もまろやかに、
秘密の隠し味です(*´˘‘*)♡




r 

こちらは3年物の「十郎梅干し」 
天日で干しあげた梅干を三年間
じっくりと熟成させた自慢の品。







梅雨入り~夏の季節は 

r r


お弁当、朝ごはん、にゅうめん、和風スープなどなど
我が家は ほぼ毎日いただいています。


 
「梅はその日の難のがれ」

昔の人は、病気や災難から免れるため
薬のようなものとして大切にしてきたのですね。
梅雨時期のまとわりつく湿気や 猛暑の夏、梅で乗り越える。。。!
実感できる梅のパワーです。




四季を味わう日本ならではの味。
梅仕事 初めてみませんか(*´˘‘*)♡


r 



スポンサーサイト

海へ♪

r


薄曇り、雲の切れ間から覗く青空
まるでこの浜辺だけに光が注ぐよう。。。♪






 


静かに迎えてくれる海


 




r 



久しぶりのランス浜




r


波が運んでくれた 枝ちゃん♪のプレゼント



ランス、お薬が身体に馴染んできたようで
良い感じに 活力がでてきました~。





r 


このお顔なら大丈夫そうですね♪(*´˘`*)♡





先日の記事で心臓が血液を送り出す機能は正常と書いたのですが
あくまで家の中で安静の時。

お散歩は歩く距離を短くしないと
心拍数が上がり、心臓の鼓動がとても大きくなってしまいます。


今は、人間の歩数 半径100~200歩以内を目安にお散歩。
なので、海まではカートで往復です(*´꒳`*)

「家守綺譚」とセツブンソウ




r

セツブンソウ




手元に置いて、季節が巡るたびに読みたくなる本があります。


r  

「家守綺譚」~いえもりきたん~梨木香歩さんの作品です。


今から100年少し前の日本を舞台に、
主人公・綿貫征四郎の周りで起こる摩訶不思議な幻想小説。



夜毎主人公に恋うる「百日紅」
白銀の竜を孵す「白木蓮」
「ふきのとう」を探し集める小鬼、
満開の「桜」の季節に、暇を乞いにくる桜鬼
などなど。。



r


二十八の短編の各タイトルは、すべて植物で、
季節の花や果実を題材に、ゆったりと物語は進んでいきます。


この短編のなかにでてくるのが「セツブンソウ」
まだ実際には、見たことがない花でしたので、
どうしても逢ってみたいと、ここ数年願っていたのです。






r 

そして、今年2月。
念願叶って逢いに行くことのできた「セツブンソウ」







r 


花径2センチほどの小さく可憐な花。
それはそれは、愛らしい花なのです。








 
r

セツブンソウ
早春の林の中や、明るい山の斜面に
春の短期間にだけ
姿を あらわすスプリング・エフェメラル~春の妖精~







r 

家守では、

床の間に見慣れぬ純白の繊細な造りの花が落ちていた。
。。。。。清澄な気配を辺りに放っている。
成程これでは深山の奥にしか棲息できまい、と思った。







r

林間に咲くセツブンソウは想い描いたままの姿。
清楚で美しい春の妖精でした。


Thank you for the visit 
  



                                    もう少し『家守綺譚』

Read More »

3月11日



3月11日

東日本大震災から4年がたちました。
記憶は一瞬にしてあの日に戻っていきます。





r 



2011年祈りを捧げた日、心をひとつにした日。
あのとき心をかけた人たち、団体、企業。
手を差し伸べた行動、想いを忘れることなく
できることのひとつは、記憶を風化させないこと。




個人でできることには限りがありますが
2011年ブログに綴り、支援を続けている「doogwood」さん



行政の被災動物の預かりが早々に閉鎖しても
「保護にゃんこ、保護わんこが最後の一頭が
家庭での生活に戻るためのシェルターであり続けたいです」
とdogwoodさんでは現在も保護活動を行っています




小さな小さな支援ですが、
オンライン寄付ができるようになりましたので
今日、応援するわんちゃん用のフードを送りました。
活動が終わりを告げる日までずっと見守り続けたいと思います




r 





3月11日
あの日の思いを忘れることのありませんように。
東北への想いを繋ぎ続けますように。


東北に本当の春が早く訪れますように。。。

祈り

r 

あれから三年。


3.11を忘れることなく、
あの日、あの時感じた想いを風化させませんように。
私たち、まだまだできること ありますよね!
東北への想いを繋ぎ続けますように



1日も早い復興を願わずにはいられません。
被害にあった地に、希望が待ち受けていますように
たくさんの笑顔で溢れる日を祈って。。。


2014年3月11日


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*マーリン*

Author:*マーリン*

ランス(ランスロット♪)

キャバリア・K・C・スパニエル♂
03’01.23生
体重 8.2kg
引っ込み思案のびびりん子
クールな横顔が魅力の       シニアキャバ

**************

ファピ
ファピ (Fapy)

パピヨン ♂
推定永遠の9才+7HAPPY
体重3.1kg
保護センターからレスキューされました
Dog Shelter出身
笑顔の似合う 永遠のパピー

**************

家族紹介 
おかあさん  お菓子とパンは
       食べるより作る派
        
おとうさん  本と音楽を愛する
       超インドア派

お姉ちゃん  動物看護士
       心を込めた仕事を
        
        
お兄ちゃん  音楽とともに生活
       大学4年生
        

最新記事

Dog Shelter



Dog Shelter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (21)
はじめまして (1)
ランス・ファピ日常 (279)
トレーニング (7)
ファピ (40)
ランス (44)
Dog Shelter (26)
odawara散策 (20)
わんこごはん (22)
ウォーキング大会 (15)
鎌倉里親会 (7)
ねこ便り (7)
潮風便り (54)
鳥日和 (24)
insect (7)
シニアライフ健康と病気 (3)
仔猫のるぅちゃん (4)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。